ヒーター事業部



日本国土の60%は降雪地帯であり、降雪は高齢化社会により除雪作業の困難など様々な問題が発生しております。
除雪不要 ・ 室内の温度差によるヒートショクなどを考慮し、ロードヒーターやスポット的な床暖房などご提案しております。
農業分野において、化石燃料高騰による燃料費
負担を軽減させるために、電力を併用して使用する事で化石燃料の負担軽減にも繋がります。
ビニールハウスのスポット暖房・工場内の暖房など、色々な分野でご使用頂けます。
ビニールハウスなど、降雪による倒壊は毎年問題となっております。
ビニールハウス上部に積雪となり、滑雪し両際に積もり、密度が増し氷結し支柱に圧力増となり折れ曲がります。
ハウスの両サイドに積もる雪の対策が必要となります。
高温ヒーターケーブル(100℃)を地中に設置し土壌温床する事で消雪が出来ます。


ヒーター応用例
@ ヒーターケーブル
融雪・床暖房・屋根融雪・土壌温床
A 面状発熱体
熱風発生装置

輸入輸出事業部



建築建材や資材など、海外には優れた製品も多くあります。
また、国内同等製品が海外(韓国)には国内よりも安価な製品もあります。
韓国からの輸入・輸出コンサルティング業務も行っておりますのでお気軽にご相談ください